2024年06月10日

トヨタ「65歳以上を再雇用」


トヨタ自動車が、8月から65歳以上のシニア従業員の再雇用を拡大する新しい制度を始めることがわかりました。

現在、トヨタの定年は60歳で、65歳までの再雇用制度はありますが、65歳以上の再雇用制度はありません。例外的に約20人を雇用していますが、この再雇用の対象を全職種に拡大するとのことです。
高度な知識や技能を持ち、職場からも継続的に働いてほしいと期待されている従業員を対象に、70歳まで雇用するとのことです。そして処遇は、現行の再雇用制度に準じて個別に決めるとのことです。

職場からも継続的に働いてほしいと期待されないとダメなんですね。(・o・)

トヨタのグループ会社では認証不正や品質問題も相次いでいます。

それらの対策としても、シニアに人材を育てて技能を伝えてもらわないといけないということです。

また60歳から65歳までの再雇用者の処遇も、現行制度では部長職を続ける場合など一部を除いて、賃金が現役時代の半分となってしまいます。そのため60歳時点で再雇用を選ばずに退職してしまう人が2割ほどいるそうです。逆を言えば、賃金が半分になっても8割はトヨタでの再雇用を選ばれるということですね。

その制度も10月に改定して、本人の貢献度などに応じて処遇を柔軟に設定できるようにするとのことです。






警戒心が強くて、なかなか写真を撮らせてくれない「タテジマキンチャクダイ」です。
「ヨコシマ」じゃないと思われるかもですが、魚を釣り上げたときに縦じまになるからと言われています。(^^)

タテジマキンチャクダイ(30センチ).jpg
【関連する記事】
posted by たろう at 09:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする